ED 精力剤 おすすめ

勃起力、大丈夫?おすすめの精力剤&サプリをご紹介!

「ED、勃起力低下の予防知識集」は勃起力低下に悩む方に解決策や予防法などの知識を集めて勃起力低下について公開しているサイトです。
実際に経験した事・学んだ事を通じて勃起力低下をまじめに考えます。

 

チェックツールはコチラ

 

当サイトのオススメ商品はコチラ

 

EDや勃起不全、勃起力低下は対策や処置をすれば症状が好転する病気です。EDは決して不治の病でもなければ、難病でもありません。もっと気楽に、人生を楽しむ視点からEDを見直してみませんか?

 

また当サイトではED治療薬を試す前の自宅で飲める精力剤、サプリメントもご紹介しています♪いきなり治療薬を使うよりもソフトに復活できるのでオススメです!パートナーの方がこっそりと購入する場合も多いですよ。

 

ストレスが直接勃起力低下・EDに

これまではストレスがまず性欲減退を招き、それが勃起力低下・EDを起こすとみられていましたが、研究が進んだ結果、ストレスが直接勃起力低下・EDを起こすことが分かりました。人間の脳神経系の中で性行動と情動の中枢が表裏一体となっていると判明したわけです。ですから、日常からの精神的豊かさ(仕事や家庭が楽しいなど)は、勃起力低下・ED対策にもなるということです。

 

そのためには自分自身がストレスだなと思っていることを洗い出して、その根本的な解消方法を考えることです。心因性が原因で勃起力低下・EDを引き起こしていることを自分自身とパートナーで共通理解・認識することことが大事です。

 

EDセルフチェック事項(最近6ヶ月を振り返って下さい。)

設問1:勃起を達成し、維持させることに自信があった。
設問2:性的刺激による勃起の場合、ほとんど挿入するのに十分な硬さになった。
設問3:性交中または性的行為が終わるまで、ほとんど勃起を維持することができた。
設問4:性交中に、性交を終了するまで勃起を維持するのは困難ではなかった。
設問5:勃起を達成し、維持させる能力について満足している。
設問6:性交を試みた時に、いつも満足にできた。

 

勃起の硬さスケール(日本語版EHS)

グレード0:陰茎は大きくならない。
グレード1:陰茎は大きくなるが、硬くはない。
グレード2:陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない。
グレード3:陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない。
グレード4:陰茎は完全に硬く、硬直している。

 

以上の設問のうち、「いいえ」が1つでもあればEDの可能性を否定できません。
上記設問のうちほとんどが「いいえ」である場合、EDの可能性は非常に高いかもしれません。日常生活に気をつけ、心配ならば医師の診察・治療を受けることをお奨めします。まずは、ご自分のここ6ヶ月を振り返ってセルフチェックをしてみて下さい。

 

 

当サイトのおすすめアイテム

当サイトでは下記の精力剤代わりのサプリ、健康食品と全国展開している男性専用のクリニックをご紹介しています。

 

精力剤っぽい商品は数多くありますが、当サイトでは数を限定して、初めての方でもチャレンジしやすい商品と、定期的にお守り代わりに使いたい商品をご紹介しています。
また、バイアグラ等の薬品は医師、ドクターの診断の元、病院やクリニックで処方されたものを利用してください。

 

個人輸入だったり、ネット経由(他国のジェネリック等の謳い文句がある)での購入は、当サイトではオススメしていません。

 

 

 

 

 

マカ含有のサプリは精力剤代わりのサプリ、健康食品としても安定した人気があります。女性の方もマカを飲む方はいますね。
そこに「シトルリン」「クラチャイダム」という元気成分が含有している商品です。

 

 

 

 

 

いざっという時の準備、予防として持っておきたい商品で、シトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカパウダー、赤ガオクルア、トナカイ角、タツノオトシゴ、蜂の子などが入っている精力剤代わりのサプリメントです。
※塗るタイプもあります。

 

 

正規のバイアグラ等の処方は医師のいるクリニックで!

男性専用のクリニック、ドクターが相談に乗ってくれる上野クリニック。

 


>> 全国にクリニックがある【上野クリニック】

 

全国的に多くのクリニックがありますし、雑誌の広告やテレビのCMでも有名ですね。

横浜、仙台、千葉、新潟、新宿、岡山、福岡、京都、広島、札幌、大阪、名古屋、大宮、上野

 

ED等は肉体的、精神的な面からの正しい診断も大事です。
バイアグラ、ジェネリックバイアグラ、レビトラ、シアリス等は医療クリニックでの処方に基づいた処方を受けて利用しましょう!

 

バイアグラ、ジェネリックバイアグラ、レビトラ、シアリス等の相談は近くの泌尿器科、内科、皮膚科等でも診断、処方を受けられますよ。